現在大人気の針灸整骨院!

おなかのコリは万病のもと?

おなかのコリは万病のもと?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人間の身体にとって、腸は最大の免疫器官である。

 

 

 

腸内の乳酸菌などの善玉細菌と共存することで、

ウィルスなどを排除し、腸内環境を良好に保つことで、

健康増進に貢献している。

 

 

 

自分自身の自然治癒力を高めるために、

腸の調子を整えることは欠かせない。

 

 

 

身体と心はつながっており、その中心にあるのが、おなかである。

 

 

 

このおなかをほぐすことで、健康を維持するという考え方が、

広まりを見せている。

 

 

 

そもそも、おなかは本当にこるのだろうか?

 

 

 

結論から言えば、おなかだってこることがある。

 

 

 

胃腸や肝臓など、おなかには人間にとって、

大事な臓器が入っているが、おなかがこることで、

それぞれの機能が低下し、身体や心の不調が始まるのだ。

 

 

 

例えば、みぞおちが硬い人は、

不眠で悩んでいる場合が、多いと言われている。

 

 

 

また、腰痛もおなかの状態に左右される病気の1つである。

 

 

 

人間の身体は、背骨を挟んで背中とおなかで支えあっているので、

腰痛になると腰ばかりが緊張して、腹筋が弱くなったり、

あるいは、その逆の状態が起こったりする。

 

 

 

腰とおなかのバランスが崩れているからだ。

 

 

 

おなかにはたくさんのツボがあり、ツボの位置は、

実際の臓器の位置と近い所にある。

 

 

 

ツボを押して痛かったり、硬くなっている箇所が、

そのまま自分の内臓や身体の弱いところなのだ。

 

 

 

おなかのこりは肩こりと同様、こったところの血流が悪くなっているので、

マッサージすることで改善される。

 

 

 

昔から、「腹が立つ」・「腹をくくる」 など、

おなかの入った言葉や言い回しは、たくさん存在する。

 

 

 

内臓と心の関係を結びつけて考えていた証拠とも言える。

 

 

 

おなかの調子は健康のバロメーター。

時々鍼灸院や整骨院に行って、チェックしてみよう。

 

 

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ